「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

一燈庵のまったり茶飲み話

mattaricha.exblog.jp

お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。
カテゴリ
全体
お茶
日々のあれこれ
つぶやき
自然の恵み
詩とことば

食べる
ポチリ
記憶の引き出し
読んで聴いて観ちゃお
お気に入り
ご挨拶・お知らせ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ
最新のトラックバック
チョコバーならぬチョコチ..
from ゆーた
ずっと捜してた洋書買ったよ!
from 海外のイーベイ、アマゾンでC..
紅茶文化
from 温泉宿泊
家庭にいる女性
from http://yorimit..
ケルティックウーマンの視..
from ケルティック ウーマン 応援..
素敵な言葉との出会い
from about ・ぶん
茨木のり子さんのご冥福を祈る
from about ・ぶん
横田早紀江さんの勇気
from 孫日記~遥かなる和へ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夢に出会う年

新年あけましておめでとうございます。
皆様にとりまして、かけがいのない豊かな恵みの一年でありますよう。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

って、たいへん遅くなりましたが、旧暦では今日が新年なんですよね。
皆さんはどんな新年を迎えられましたか?
とにかく旧暦正月というのは、もう1回仕切り直しができそうで、私はなんだか嬉しい。^^

さて、新年にあたって考えたこと。
今年の私のテーマ、いえ願いは『夢に出会う』です。

昨年末、続けざまにく夢という言葉が胸に響いてきました。
夢に向かって進む素敵な人たちの生き様や言葉が次々に紹介されるのを目にして。
そういえば、私、夢って持ってないな。。。
なんだか、ふと、寂しくなりました。
そしてこの歳にして、いえ、この歳ならではの夢が欲しくなりました。
とは言うものの、夢を持たなきゃとか、ましてや夢を探そうなどというのも違うみたい。
そう、、、出会いたいと思ったのです。
日々の暮らしの中で、いつかふっと心に響いてくるような、そんな出会いができたら。
出会えたらいいな。
私だけの素敵な夢に。
あれ?これ自体がもう夢なのかな。


皆さんは、どんな夢を抱えていらっしゃいますか?
2009年、あなたの夢が大きくあなたに近づきますよう!
[PR]
# by ittouan | 2009-01-26 20:54 | つぶやき

お宝づくし

京都での法事も終わって、帰りがけに奈良へ1泊してきました。
正倉院展とお茶会が目当てでした。

f0104590_21502963.jpg


正倉院展を見るのはは昨年に続いて2回目ですが、
今回もいにしえから伝わる宝物の数々に目が釘付けでした。
木画細工の施された見事な紫檀の双六局、聖武天皇遺愛の精細な彫刻の尺八、
そして遥かシルクロードを渡ってササン朝ペルシアからもたらされたガラス器。
どれもうっとりするような美しさでした。

中でも、時の貴人が身に着けていた帯の華麗な装飾にはびっくりしました。
細かい刺繍に色ガラスやら真珠やら水晶をつけて、さらにその先端に金銅製の
ミクロな細工がしてあるのです。
もっとも紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠(むらさきがわさいもんしゅぎょくかざりししゅうらのおびざんけつ)っていう名前自体にもビックリでしたけどね。
なんとかならんのかいな。^^

1200年もの時を経てなお、私たちを魅了するものたちの不思議。
なによりも、それを守ってきたことの凄さ。
そして、今回もう1つ感じたこと。
それは、、、、
ものを見るということは、本当に見る人次第なんだろうな、ということ。
特にこのような古いものを見るには想像力が不可欠だもの。
見る人の数だけの、いにしえがあるということかな。


正倉院展の展示物についてはこちらでご覧になれます。
[PR]
# by ittouan | 2008-10-28 22:37 |

時代祭り

京都へ着くと、ちょうどその日は京都三大祭りの一つ、時代祭りでした。
あいにくの雨でしたが、初めて見る祭りにわくわく。
明治から平安までの時代を遡って、延々と行列が続きます。
坂本竜馬の役なんかには拍手が沸きます。^^

f0104590_22172214.jpg

    女性のこういう姿はいいですね。


f0104590_21203066.jpg

    しずか御前。セブンイレブンを行く~


f0104590_21195793.jpg

    平安人たち、ちょっと疲れてます。ん?なぜか幕末の人が前にいたりして、、、??


こんな風に衣装を身にまとった人を通してそれぞれの時代に思いをはせるのも
いいものですね。なんたって、わかりやすい。
写真には撮れませんでしたが、個人的には中世から古代にかけての
庶民の衣装が興味深かったです。
ちょっと得した気分の、今回の帰省でした。
[PR]
# by ittouan | 2008-10-28 22:36 |

マイ ジンクス

いつの頃からか、私にはあるジンクスがあります。
思い起こせば、もう15年以上続いているみたい。
それは、、、
『旅行の前には具合が悪くなる』というものです。

自分でそう思っているからなるのだと言われたこともあるけど、
具合が悪くなるまでは、毎度のことながらそのことは
すっかり忘れているのですよ。
行くことだけを楽しみにして。
でも、直前になるとたいてい風邪をひくか、胃が痛くなります。
旅行といっても、ほとんどの場合実家への帰省がメインの私、
母たちが用意してくれたせっかくの料理や楽しい酒盛りを横目に
たいてい1日は寝込むことになります。
『あんたって人は~』と、毎度家族もあきれ顔。

でも、そういえば会社の旅行とか、友人同士の旅行の時は
大丈夫なことが多いなあ。。。
もしかして私、、、、
無意識に親に甘えたいだけなの?
えーっ、この年で、まさかねー。

前回最期に風邪ひいたのは1月の中旬。
母が北海道からやってきて二人で韓国旅行に行くときでした。
熱が下がらず、それでもせっかく予約したのだからと
フラフラしながら行ってきました。
やっぱり母に迷惑かけました。


今夜から夫の実家である京都へ発ちます。
法事があるのです。
もちろん甘えようも、そのつもりもないのに、、、、
2日前から体調悪く、あきらかに風邪の初期症状。。。
昨日・今日、薬飲んで寝てました。

ひーん!!!
誰かこのジンクス、解いてくださ~い!


というわけで、1週間ほど留守にします。
帰ってからまたおしゃべりしましょう。

f0104590_15582657.jpg

[PR]
# by ittouan | 2008-10-21 16:00 | つぶやき

恋慕渇仰

f0104590_16163649.jpg


俳優緒方拳さんの突然の悲報は
ここ数日私の胸に言い知れぬ寂しさを落としている。
大好きな俳優さんだった。
私にとって、ちょっと特別な人だった。

若い頃は個性的なクセのある役が多かったが、
晩年は穏やかでチャーミングな人間味のある役が印象に残る。
緒方さんのことを求道者とか修行僧のような人だと、誰かが語っていたが、
もう少し、その生き様を私達に見せて欲しかった。

15年ほど前に、たまたま緒方さんの著書『恋慕渇仰』を買い求めたところ、
そこに書かれている文章、彼の生み出す書や焼き物に、あっという間に魅了された。
特に書に関しては、生まれて初めて、心に文字が意味を持って迫ってきた気がした。
書というものに少なからず興味を持つようになったのは、
緒方拳さんのおかげと勝手に思っている。

そして緒方さんを想うとき、必ず胸に去来する面影がある。
緒方さんは亡くなった私の父に、似ていたのだ。
特に30~40代はじめのころの、ちょっとした表情がそっくりだった。
父は49歳という若さでこの世を去った。
生きていたら今年72歳、緒方さんより1歳上だ。
どんな風に年をとっていたのだろう。
父の晩年は残念ながら幸せなものとは言いがたいものだったが、
あるいは長い年月を生きていたなら
緒方さんのように格好良くとまではいかなくても、
それなりに幸せな老人になってくれていたのではないだろうか。

緒方さんの訃報を聞いて、この書がすぐに浮かんだ。
私も何人もの人の骨を拾ってきて、思う。
神さまはなぜ、骨だけが残るように作ったのだろう。
緒方さんの骨、きっとこの書みたいに堂々と立派だったろうな。

f0104590_16174382.jpg



骨を拾う時にいつも、なんてつまらない入れ物に骨が入ってしまうのだろう、
誰もが同じ白い入れ物に、と思っていた。

やきものの土を手にした時、ごくごく自然に出来上がってしまったのが壷だった。
骨壷にしてはでかい。
自分の作った壷に、野の花や、渋柿の枝をほうりこむ。
字を書く。よくぞ男に生まれけり、と撫でさすっている。
あまり女の人の作る壷はみかけない。何故かな。

死ぬということは残った人の中に生きるということだ。
自分の中に、逝った人々を生かし続けるということだ。

        『恋慕渇仰』  緒方拳  より




奇しくも今日10月10日は父の24回目の命日です。
どこか似た面影を持つ二人の人を偲び、
緒方さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
[PR]
# by ittouan | 2008-10-10 16:30 | つぶやき

秋晴れ(初秋)のドライブ

秋っていいですねー。
ここしばらくは仕事はお休みすることにしました。
ちょっとのんびりします。
疲れた身体を労わるには、、、自然の中が一番。
先月末に出かけたドライブの写真、紹介します。

f0104590_1472130.jpg


空をゆっくり眺めるの、久しぶりだった。
初秋というよりは晩夏みたいな空の日。
あ~、いい気持ち。
だってここは、、、


f0104590_1482751.jpg


山あいの温泉です。
この日はこのお風呂を独り占めでしたので、
カメラを持って湯船の中から空を撮ったのでした。
そして、湯船の向こうに見える景色は、、、


f0104590_14303475.jpg


そのまんまの自然。
半身湯に浸りながら、ぼんやりする。
なーんにも考えられなくなるなあ。


f0104590_14244981.jpg


聞こえるのは、流れる水の音と虫の音だけ。
時間が、ゆっくりゆっくり流れます。
私も、どこかへ溶けて流れていきそうだあ。



そうそう、この日は帰りがけに可愛い親子連れに出会いましたよ。


f0104590_14144433.jpg


里山の秋、今日あたりはもう少し、色づいていることでしょう。
みなさんはどんな秋を迎えていますか?
[PR]
# by ittouan | 2008-10-09 14:35 | 自然の恵み

渋皮煮


また腰が痛くなるからと、気になりながらも庭の手入れが出来ない私。

でも、、、。

f0104590_1710742.jpg



山で栗ひろいは出来るんだなあ。。。


f0104590_17112261.jpg





ふだんは寝坊で出勤前にあらかじめ夕食の支度なんてとても出来ない私。

でも、、、。

f0104590_1715235.jpg



早起きまでして、出勤前にこんなもの作っちゃたんだなあ。。。


この秋は2度も栗拾いをしました。
1回目は栗ご飯に。
そして、これははじめて作った渋皮煮です。
砂糖を控えすぎて、お味はちょっと薄めです。^^

子供の頃は秋になると栗ご飯が楽しみでした。
母と祖母が夜に栗をむいていた姿を思い出しながら、
私も鬼皮と格闘しました。
不思議なものです。
若い頃は面倒で考えもしませんでしたが、
年を経るごとに、手をかけてでもこういう季節の風味を
味わいたくなるのですね。

雨の休日。
とっておき?の渋皮煮をおやつに。
さあお茶をいれて、ほっこりしましょ。

f0104590_17343849.jpg

[PR]
# by ittouan | 2008-09-30 09:00 | 自然の恵み

ライブハウスにて

f0104590_2353391.jpg



もうすぐここに大好きな人が座る。

私のほんの目と鼻の先。


のびやかに、いのちの喜びを。

限りなくやさしく、生きる孤独を。

ふりしぼるように、愛と祈りを。

彼女は歌うだろう。

夢のような心地よさの中で。



開演までの、甘美な時間。

ハーフ&ハーフビールを飲みながら、、、、待つ。

贅沢な、大人の夜。


                        9月22日、ビルボード福岡にて
                        鈴木重子&ウォン・ウィン・ツァン ライブ
[PR]
# by ittouan | 2008-09-24 00:10 | 読んで聴いて観ちゃお

自分への手紙

アンジェラアキさんの『手紙~拝啓十五の君へ』という曲が話題になっているようですが、
ご存知ですか?
曲は1番が15歳の少年から未来の自分への手紙で、
2番が大人になった自分からの返信という構成になっています。

みんなのうたで始めて聴いたときから、心に響きました。
この曲のモチーフは今年30歳になったアンジェラさんの元へお母様から届けられた
1通の手紙だったそうです。
それはかつて15歳のアンジェラさん自身が未来の自分へ宛てて書いたものだったんですね。

思春期の、誰にも打ち明けられないこわれそうな胸のうちを
未来の自分にむけてしたためたアンジェラさんの感性と
それを15年間保存してそっと本人に届けてくれたお母様の思い。
お二人とも、人生を大切に生きていらっしゃると感じます。


過去の自分といまの自分、そして未来の自分。
それが時々交差するような感覚を覚えることがあります。

このブログを再開するちょっと前、実はちょっと落ち込んでいたんです。
ふと長いこと放置していたパソコンを開いて皆さんのところへそっと
おじゃましてホッコリさせてもらい、そして自分の過去ログを読み返しました。

すると。。。
元気な自分、しあわせな自分、感動してる自分、悩んでいる自分。
いろんな自分がたくさんのことを語りかけてくれました。
自分自身忘れていた記憶や感動が蘇り、
なにか幸せな気持ちと元気をもらいました。
まるでナルちゃんなんですが、、、。笑

胸がこわれそうな思いを抱いたり、自信を失ってしまいそうな時は、
大なり小なり大人になってもあることです。
そんな時は、アンジェラさんのように、未来の自分へ
そっと手紙を書いてみるのもいいですね。
もしくは私のように、過去の日記(ブログ)を開いてみるのはどうでしょう。

過去や未来の自分こそがいまの自分にとっての最上の友になったり、
時には師にさえなりうるような気がします。
そして同時に過去の自分を癒すことができるのも
いまの自分自身なのかもしれません。

この曲を聴きながら、いろんなことを考えます。
歌詞はこちらから。
[PR]
# by ittouan | 2008-09-19 11:32 | つぶやき

ストレンジャー

今朝。ボウボウに伸び放題の庭の草取りをしなければと思っていたところへ
見知らぬ来訪者が。
そうっと、、、窓越しにズーム撮影。


f0104590_2155235.jpg

   どこから来たの? 風が、気持ちいいのかな?



f0104590_2155545.jpg

   ありゃりゃ。。。しばらくそっとしておこう。



f0104590_2201236.jpg

   ふふっ、無防備な君から目が離せないなあ。



f0104590_2241334.jpg

   あっ! 起き、、、てない、、か。



f0104590_2251344.jpg

   また~。^^
   今日はね、台風だってよ。雨にあわないうちにそろそろお帰りよ。



f0104590_22111668.jpg

   あっ。いない。。。
   そうっか~帰っちゃったんだぁ。。。


   ノラ君、よかったらまた遊びにおいでよ! 



   
[PR]
# by ittouan | 2008-09-18 22:25 | 日々のあれこれ