お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。


by ittouan

心を癒す宿~1度は泊まってみたい”プリズンホテル”

この夏の仕事は大変だった。
6.7.8月は過密スケジュールの上色々問題もあって、
体力的にも精神的にもけっこう参ってしまった。
疲れを吹き飛ばすべく旅行にも出かけたが、
数日前仕事に復帰した途端今度はギックリ腰をやってしまい…
『夏の疲れがいま出てるんだよ。しばらく安静にね。』との整体の先生の
アドバイスに従ってしばし休養の日々。
そうだ、この際前から行きたかったあのホテルへ静養に行こうと思い立った。
ひなびた温泉街のはずれにある山あいの宿、奥湯元あじさいホテル。
通称プリズンホテルへ。


この宿はね、ちょっと、いやかなり変わってるんです。
まず館内のご案内に注意書きがありまして、、、
『情報収集には万全の配慮を致しておりますが、不慮のガサイレ、
突然のカチコミの際には、冷静に当館係員の支持に従って下さい。』
とか
『館内ロビー・廊下での仁義の交換はご遠慮下さい』なんてね。

どんな殺伐とした心も慰め、荒れすさんだ胸をも洗い清めてくれる極楽の湯に浸かり、
日本一の板長と未来のグランシェフが作る”食べたとたんに笑いがこみ上げてくる料理”を
堪能した後は、カラオケバー『しがらみ』で一杯やりましょうか。

でも何よりね、ここで働く人たちと客たちがいいんです!
ヤクザの親分であるオーナーに、指の足りない男気の番頭とか、
左遷された誇り高きホテルマン、陽気なタガログ語の仲居。
忘れちゃならない、偏屈でどうしようもない小説家とそれをとりまく人たち。
みんな可笑しくって、一生懸命で、ちょっと、いやかなり切ない。
そしてたまたま訪れた客たちの少々こんがらがった人生の糸を、
このホテルは不思議な力でそっとほどいてくれるのです。

訪れたなら必ずや笑って泣けます。
そしてホテルを後にする時、少し心があたたかく晴れやかになっていることでしょう。
もしまだなら、あなたもこの秋出かけてみませんか?
プリズンホテル、おすすめですよ。


f0104590_12425975.jpg

[PR]
by ittouan | 2008-09-14 12:54 | 読んで聴いて観ちゃお