お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。


by ittouan

カテゴリ:つぶやき( 21 )

夢に出会う年

新年あけましておめでとうございます。
皆様にとりまして、かけがいのない豊かな恵みの一年でありますよう。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

って、たいへん遅くなりましたが、旧暦では今日が新年なんですよね。
皆さんはどんな新年を迎えられましたか?
とにかく旧暦正月というのは、もう1回仕切り直しができそうで、私はなんだか嬉しい。^^

さて、新年にあたって考えたこと。
今年の私のテーマ、いえ願いは『夢に出会う』です。

昨年末、続けざまにく夢という言葉が胸に響いてきました。
夢に向かって進む素敵な人たちの生き様や言葉が次々に紹介されるのを目にして。
そういえば、私、夢って持ってないな。。。
なんだか、ふと、寂しくなりました。
そしてこの歳にして、いえ、この歳ならではの夢が欲しくなりました。
とは言うものの、夢を持たなきゃとか、ましてや夢を探そうなどというのも違うみたい。
そう、、、出会いたいと思ったのです。
日々の暮らしの中で、いつかふっと心に響いてくるような、そんな出会いができたら。
出会えたらいいな。
私だけの素敵な夢に。
あれ?これ自体がもう夢なのかな。


皆さんは、どんな夢を抱えていらっしゃいますか?
2009年、あなたの夢が大きくあなたに近づきますよう!
[PR]
by ittouan | 2009-01-26 20:54 | つぶやき

マイ ジンクス

いつの頃からか、私にはあるジンクスがあります。
思い起こせば、もう15年以上続いているみたい。
それは、、、
『旅行の前には具合が悪くなる』というものです。

自分でそう思っているからなるのだと言われたこともあるけど、
具合が悪くなるまでは、毎度のことながらそのことは
すっかり忘れているのですよ。
行くことだけを楽しみにして。
でも、直前になるとたいてい風邪をひくか、胃が痛くなります。
旅行といっても、ほとんどの場合実家への帰省がメインの私、
母たちが用意してくれたせっかくの料理や楽しい酒盛りを横目に
たいてい1日は寝込むことになります。
『あんたって人は~』と、毎度家族もあきれ顔。

でも、そういえば会社の旅行とか、友人同士の旅行の時は
大丈夫なことが多いなあ。。。
もしかして私、、、、
無意識に親に甘えたいだけなの?
えーっ、この年で、まさかねー。

前回最期に風邪ひいたのは1月の中旬。
母が北海道からやってきて二人で韓国旅行に行くときでした。
熱が下がらず、それでもせっかく予約したのだからと
フラフラしながら行ってきました。
やっぱり母に迷惑かけました。


今夜から夫の実家である京都へ発ちます。
法事があるのです。
もちろん甘えようも、そのつもりもないのに、、、、
2日前から体調悪く、あきらかに風邪の初期症状。。。
昨日・今日、薬飲んで寝てました。

ひーん!!!
誰かこのジンクス、解いてくださ~い!


というわけで、1週間ほど留守にします。
帰ってからまたおしゃべりしましょう。

f0104590_15582657.jpg

[PR]
by ittouan | 2008-10-21 16:00 | つぶやき

恋慕渇仰

f0104590_16163649.jpg


俳優緒方拳さんの突然の悲報は
ここ数日私の胸に言い知れぬ寂しさを落としている。
大好きな俳優さんだった。
私にとって、ちょっと特別な人だった。

若い頃は個性的なクセのある役が多かったが、
晩年は穏やかでチャーミングな人間味のある役が印象に残る。
緒方さんのことを求道者とか修行僧のような人だと、誰かが語っていたが、
もう少し、その生き様を私達に見せて欲しかった。

15年ほど前に、たまたま緒方さんの著書『恋慕渇仰』を買い求めたところ、
そこに書かれている文章、彼の生み出す書や焼き物に、あっという間に魅了された。
特に書に関しては、生まれて初めて、心に文字が意味を持って迫ってきた気がした。
書というものに少なからず興味を持つようになったのは、
緒方拳さんのおかげと勝手に思っている。

そして緒方さんを想うとき、必ず胸に去来する面影がある。
緒方さんは亡くなった私の父に、似ていたのだ。
特に30~40代はじめのころの、ちょっとした表情がそっくりだった。
父は49歳という若さでこの世を去った。
生きていたら今年72歳、緒方さんより1歳上だ。
どんな風に年をとっていたのだろう。
父の晩年は残念ながら幸せなものとは言いがたいものだったが、
あるいは長い年月を生きていたなら
緒方さんのように格好良くとまではいかなくても、
それなりに幸せな老人になってくれていたのではないだろうか。

緒方さんの訃報を聞いて、この書がすぐに浮かんだ。
私も何人もの人の骨を拾ってきて、思う。
神さまはなぜ、骨だけが残るように作ったのだろう。
緒方さんの骨、きっとこの書みたいに堂々と立派だったろうな。

f0104590_16174382.jpg



骨を拾う時にいつも、なんてつまらない入れ物に骨が入ってしまうのだろう、
誰もが同じ白い入れ物に、と思っていた。

やきものの土を手にした時、ごくごく自然に出来上がってしまったのが壷だった。
骨壷にしてはでかい。
自分の作った壷に、野の花や、渋柿の枝をほうりこむ。
字を書く。よくぞ男に生まれけり、と撫でさすっている。
あまり女の人の作る壷はみかけない。何故かな。

死ぬということは残った人の中に生きるということだ。
自分の中に、逝った人々を生かし続けるということだ。

        『恋慕渇仰』  緒方拳  より




奇しくも今日10月10日は父の24回目の命日です。
どこか似た面影を持つ二人の人を偲び、
緒方さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
[PR]
by ittouan | 2008-10-10 16:30 | つぶやき

自分への手紙

アンジェラアキさんの『手紙~拝啓十五の君へ』という曲が話題になっているようですが、
ご存知ですか?
曲は1番が15歳の少年から未来の自分への手紙で、
2番が大人になった自分からの返信という構成になっています。

みんなのうたで始めて聴いたときから、心に響きました。
この曲のモチーフは今年30歳になったアンジェラさんの元へお母様から届けられた
1通の手紙だったそうです。
それはかつて15歳のアンジェラさん自身が未来の自分へ宛てて書いたものだったんですね。

思春期の、誰にも打ち明けられないこわれそうな胸のうちを
未来の自分にむけてしたためたアンジェラさんの感性と
それを15年間保存してそっと本人に届けてくれたお母様の思い。
お二人とも、人生を大切に生きていらっしゃると感じます。


過去の自分といまの自分、そして未来の自分。
それが時々交差するような感覚を覚えることがあります。

このブログを再開するちょっと前、実はちょっと落ち込んでいたんです。
ふと長いこと放置していたパソコンを開いて皆さんのところへそっと
おじゃましてホッコリさせてもらい、そして自分の過去ログを読み返しました。

すると。。。
元気な自分、しあわせな自分、感動してる自分、悩んでいる自分。
いろんな自分がたくさんのことを語りかけてくれました。
自分自身忘れていた記憶や感動が蘇り、
なにか幸せな気持ちと元気をもらいました。
まるでナルちゃんなんですが、、、。笑

胸がこわれそうな思いを抱いたり、自信を失ってしまいそうな時は、
大なり小なり大人になってもあることです。
そんな時は、アンジェラさんのように、未来の自分へ
そっと手紙を書いてみるのもいいですね。
もしくは私のように、過去の日記(ブログ)を開いてみるのはどうでしょう。

過去や未来の自分こそがいまの自分にとっての最上の友になったり、
時には師にさえなりうるような気がします。
そして同時に過去の自分を癒すことができるのも
いまの自分自身なのかもしれません。

この曲を聴きながら、いろんなことを考えます。
歌詞はこちらから。
[PR]
by ittouan | 2008-09-19 11:32 | つぶやき

友の声

忙しくて、身体はくたくた。
頭の芯が疲れてて眠れないことさえある、この頃。

あれやこれやの合間に、久々にかけた1本の電話。
昔ながらのほっとする、それでいて元気をもらえる友の声。

楽しいこと、困ったこと、頭にくること。
それぞれの人生のちょっとした機微に、笑う。
ああそういえば、もう生きてはいけないと思ったあの日さえ、
この友との会話に、笑い飛ばしていた一瞬があったっけ。

はっはっはー!!!
ありがとう。。。
今日もなんだか元気になったよ。
こんな幸せ、つくづくかみしめる。

f0104590_23462097.jpg

[PR]
by ittouan | 2007-07-03 23:46 | つぶやき

失くし続ける日々

なぜだろう。。。
どんどんお金を使い、いろんなものを失っているこの2~3ヶ月。

まさかの出来事でどかーんと大出費。(T T)
うそみたいに続く車の故障と修理。
次々に切れる家電の寿命でどんどん買い替え。
うそっ!誰が持っていったの~?の失くしもの。
おまけに一昨日は買ったばかりの紅茶たちをどうやら電車に置き忘れ。。。

ふう~っ。。。
もっと身軽に、もっと自由に。
神さまからのメッセージかしら?

失くし続ける日々。
久しぶりに!^^家事に専念する一日、掃除、整理整頓しながら考える。
いちばん失くしているものは、、、
たぶん、
私自身の中にあるのだろうな。
うーん。。。
心のほこり、気づかぬうちにまた溜まっていたか。


手放すほどに
新しい世界が 待っている
開かれていく、、、、はず。
まずは、深呼吸ひとつ。

f0104590_1152831.jpg


季節はずれになりましたが、庭のバラ。今までアップできなかったので。
[PR]
by ittouan | 2007-06-04 17:24 | つぶやき

しあわせ


   視線を低くしてのぞいてごらんよ
   遠くじゃないよ ほら足元に
   あったよ
   ここにも  あそこにも

   まだ小さいものは
   もう少し見守っていこう

   雨あがりにこそぐんと伸びてくる
   しあわせの芽たち


f0104590_15244317.jpg

[PR]
by ittouan | 2007-03-27 13:52 | つぶやき

結ぶ雛

f0104590_22522572.jpg



明日はひな祭り。
我が家の小さなお雛様。
一目惚れでした。

結ぶ雛と書いてありました。
えっ?「結び」じゃなくて動詞の「結ぶ」?

ちょっと不思議な感じがしたけれど
家に飾ってなんとなく納得。

夫婦はね、日々結ぶ。
その意志と行為に愛という実がなるの。
だから、動詞でいいんだよ。

にこにこ顔のお雛様におしえられる、桃の節句。 


f0104590_22553187.jpg

[PR]
by ittouan | 2007-03-02 22:56 | つぶやき

笑いにのせて

こんなに笑ったのは久しぶりです。
三遊亭歌之介さんの新春落語会の招待券をいただき、夫と行って来ました。


f0104590_20592840.jpg



とにかく可笑しい。。。
最初から最後まで笑いっぱなし~^^

それもただ可笑しいのではなくて、面白いのですよ、話が。
政治、行政、芸能、スポーツ、健康、風習、語源、統計学に血液型、生命メカニズムの神秘、そしてご自身の家族や日常、時に際どい下ネタまでとにかく何でもありの90分。

会場を時折り見渡すと皆さん実にいい顔をして聴き入り、笑ってます。
含蓄のある話や、興味深い情報、ちょいといい話やホロリとする話、、これらすべてを笑いに昇華させる芸という力。
なんて素敵な魔法でしょう。。。


そして。。。ゲラゲラと笑いながら、ところどころで大切なメッセージが心に響きました。
要約するとこんな感じでしょうか。

「健康に気を使うより、元気が大事」
「終わりがあるから今輝ける」
「明るい心で前を見ていればたいていのことは大丈夫」
「命はただありがたいこと」
「大人が本当に人生を楽しんで生きるなら、子供は曲がらない」
そして「心と身体と平和に一番効くのは笑うこと」


落語という日本の芸能のすばらしさとその技量に感服したのと同時に、この方の物事の捉え方に心打たれた私です。
会が終わって会場を後にする人たちは、誰もが持っていた殻のようなものが抜け落ちて、ただ素の顔をして幸せそうでした。


笑い、恐るべし!^^
こんな時代こそ、一人ひとりの笑いの力が意味を持つと教えられました。
さあ2007年、喜びも悲しみもそして何でもないことも、笑いにのせていくとしましょうか。^^

(主催のN生命さん、チケットをくださったYちゃん、ありがとうございました!)
[PR]
by ittouan | 2007-01-18 16:47 | つぶやき

夢のお告げ?

昨年末から不思議な夢をみています。

年末の夢~
友人とビルの上階でお茶を飲んでいます。
が、なぜか落ち着きません。
すると、霊感の強いその友人が部屋の片隅のゴミ箱から生ゴミらしきものを発見。
「これだよー、これが原因!」といいます。
私も、そうかこれだったのかと納得して、それを処分しようとします。
が、そのゴミが強い力で抵抗します。
すると手をかざして何やら念を送る私。
その、得たいのしれないものと対峙していますが、怖くはありませんでした。
で、めでたく友人と二人でそのゴミを窓から棄てたのでした。(おいっ、ポイ捨てかよ~^^)

こんな夢は初めてでした。妙に印象深く、何か示唆的に感じました。
登場した友人には「二人で悪霊退治したよー!」とメールして笑いました。


そして2日前にみた夢です~
たくさんのお餅がカビで駄目になった状況を目にしたんですね。
で、しばらくして場面変わって、ひさびさのキムタク登場!^^
キムタクが部屋の隅からもう一つカビた餅を取り出して言うんです。
「これが原因だね。。。すべては自分に返ってくるんだよ。」
そして私はなるほどーと納得するのです。
1個のカビた餅を処分しないで持っていたために他のところにある餅にも菌が移ってカビてしまったんだなあ。。。と、、、
罪悪感も悲壮感もなく、ただ納得。
すると窓の外にお目めパチクリの一羽の鳥。
私は自分の指を差し出しました。
キムタクは「鳥には見えないよ」と笑います。
でも私は「大丈夫、見えなくてもきっと感じてくれる」と言います。
すると、その鳥は窓の外からまっすぐに飛んできて私の人差し指に止まりました。

ここで、目が覚めました。
指に鳥が止まった感触がものすごくリアルに残っていました。
それもそのはず。。。気がつくと私は右手人差し指を枕の下にギュウギュウと押し付けておりました。^^


それにしても、何なんでしょうこの夢たち!
どうやら自分の中の不要なものをどんどん捨てなくてはいけないようですね。
はい、部屋の不用品、身体の不用品、そして心の不用品。
が、頑張りまっす!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

捨てたいものの筆頭は体重と体脂肪なんだけど。。。
久しぶりに妙に食べたくなってピザを作りました。


f0104590_204546.jpg


粉をこねて折って叩いて、膨らむのを待ちます。
この待つ時間もご馳走のうち。


f0104590_206291.jpg


玉ねぎ、エリンギ、ベーコン、コーン、ブロッコリーの芯のスライス、プチトマト、ホウレンソウまで、野菜たっぷり何でも乗せます。
カロリーは気になるけど、やっぱりチーズもたっぷり。


捨てたいのは山々だけど、今年も葛藤の日々は続きそうです。^^
[PR]
by ittouan | 2007-01-15 20:14 | つぶやき