お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。


by ittouan

カテゴリ:つぶやき( 21 )

開け ごま

開け ごま

美しく輝く世界よ

皆様と私のために。。。



新年あけましておめでとうございます。
この一年が皆様にとりまして元気いっぱい笑顔いっぱいの喜びの年となりますよう。
そして本年もどうぞどうぞよろしくお願い申し上げます。


f0104590_22224917.jpg

[PR]
by ittouan | 2007-01-01 08:54 | つぶやき

I   WISH

願わくば

すべての人に平和と安全を

ささやかな愛と友情

あたたかい食べ物が与えられますよう


ゆっくりと流れる やさしい時間を

過ごしていけますように。。。


Merry  Merry  Christmas !


f0104590_2219517.jpg



なかなか皆さんのところへお邪魔できていませんが、、、
それぞれ幸せな聖夜をお過ごしくださいね。
今回はクローズコメントで失礼します。
[PR]
by ittouan | 2006-12-24 22:27 | つぶやき

言葉の重み

何気ない人の言葉に心グサッと傷つくことはおそらく誰にでも経験あること。

人の悪意はなるべく受けとらないようにしている私。
というか、人の言葉はなるべく悪意にとらないようにしています。
そんな能天気な私でも、やはりごくたまに傷つくことはある。
それが心許した人であったり、身近な人からの誤解であったならなおのこと。

はじめは怒り。何でこんなこと言われなくちゃいけないのー??
でもそれはすぐに納まって、あとはただ痛み。
憎いでもなく、悲しいともちょっと違う。
ただ心がしくしく痛いだけ。
放たれた言葉が、思いが、ナイフのように突き刺さって痛いだけ。
一対一でも痛いのに、それが多数からならどんなに痛いだろう。。。
大人の私が、じっとうずくまるようにして時間をかけて癒す痛みを
子供が数ヶ月、ときには数年にかけて味わっていたとしたら。。。

たぶん誰かの何気ない言葉から始まった”いじめ”といわれる行為、現象。
それは時に、生き物みたいに自分の手を離れて巨大に育ってしまうこともある。
原因を、そしてその責任を問うことは確かに必要。
でもそれを単なる糾弾・裁判に終わらせてはいけないと思う。

悲しい事件の報道を聞くたびに、報道のあり方と世論の傾向に心よぎる一抹の違和感。
まだ上手く話せない。
いつかきちんと整理できたらあらためて書きたいと思います。
だけど、ひとつだけわかっていることがある。

私は、ほんとに気をつけなければ。
私自身も、きっと誰かの心を思いがけなく痛めているかもしれないから。
言葉は使い方で暴力にもなり、時に誰かを死に追いやることさえあるのだから。
なにより、言葉を使う自分のホントの気持ちを見つめていなくては、と思います。
[PR]
by ittouan | 2006-10-16 21:04 | つぶやき

秋だから

f0104590_1239474.jpg


空を仰いで風に身をまかせるもよし。

ここのところ、自分では意識しないでも、少し心と身体が硬くなっていたかも。
もっと大きく伸びをして、深呼吸。
からっぽの時間、からっぽの自分を楽しんで、おまかせモードでいこう。
あくまで、私らしく。。。




f0104590_1739127.jpg


夕陽のあたたかさを胸いっぱいに蓄えるもよし。

意外な人から、あちこちから、『お久しぶり~』の連絡があります。
秋の空気が少しだけ、人と人との距離を縮めるのでしょうか。
『あったかい』をいつも自分の中心に灯していられるよう、
このぬくもりを閉じ込める。
[PR]
by ittouan | 2006-09-28 14:19 | つぶやき

夢で逢いましょう

今朝久しぶりにおじいちゃんとおばあちゃんの夢をみました。

台所でなにやら苦戦して料理している私に、『じゃあ、こうしてみるかい?』などと気遣う祖母、そしてそれを傍で見守る祖父。
夢の中では祖父母がいる時間は普通の時間。
だから夢の中の私もごく普通に過ごしている。
細かい内容は覚えていないけど、二人がそばにいる感覚だけは目覚めても残っていました。優しいとも感じさせないほどの何気なさで。
現実に会うことはできなくなったあの人この人と鮮やかに過ごせる、夢の不思議。

そうか、今日はお盆ですね。
忘れえぬ人たちに手をあわせて祈ります。

もしよかったら…
これからも夢で会いましょうか。
いつか本当にまみえるその日まで。
[PR]
by ittouan | 2006-08-13 22:27 | つぶやき

もう一つの個人情報


外で働くといろんな人に出会います。
社内の人とは数時間を共に働きますが、お客様とはわずか数分のやりとり。
まさに一期一会。

人間というのはわずかな接触の中でも他人にいろんな情報を与えてしまうもの。
言葉で、表情で、ちょっとした仕草で、目の色で、そして空気で。
教養、人となり、心の温度、暮らしぶり…
ほんの数分間に滲み出てしまう人生の片鱗。

見知らぬ人にこそ公開されやすく、
お金を使う時はなおのこと心が表れやすいから要注意。
個人情報に気を使う社会の中で
無意識に交わされるもう一つの個人情報。。。

私は日々どんな姿を映しているだろうか?
いまさら取り繕ろおうにも時すでに遅し…
せめて笑顔と感謝を忘れずにいたいと願うのだけれど。。。
毎日の積み重ねが何より大事、なのだなー。
[PR]
by ittouan | 2006-07-28 21:50 | つぶやき

日本列島はいま

天から大雨、北からミサイル。。。

安全と平和のために

注意深く、思慮深い行動が

一人一人に求められる

愛の祈りとともに
[PR]
by ittouan | 2006-07-05 09:08 | つぶやき

温泉番組にお願い

以前何気なく観ていた温泉旅行番組で、鉄道唱歌のメロディーにのせてこんな歌が流れてきました。
「チ○チ○洗うて、尻洗うて~♪」  
ちっ、ちがいます。このブログそういう趣向ではありませんので。(汗っ)
これは九州武雄温泉のある浴場で常連さんたちによる、入浴マナーを促すための歌なのだそうです。この時リポーター(もちろん男性)がしっかり下半身(もちろん上手く隠しながら!)を洗ってから湯船に入るのを初めて観ました。
思わず、「そっ、そうだよーぉ!」と温泉大好きの私は叫んでいました。

昔、親から教えられた入浴法。
湯に入る前に、まず大事なとことお尻を洗うこと。
当たり前だと思っていたことをしていない人のなんと多いことでしょう?
私の家の近所の温泉でも身体を洗わずにお湯に入るのは絶対にタブー、常連さんたちが
一番嫌うことです。でも、ささっとお湯を掛けるだけで入る人がけっこういるのです。
今の世の中、時には行き過ぎとも思えるほどの清潔志向、なのに入浴に関しては無関心な方が多いのですね。若い人に関しては大衆浴場の経験が少なく、親からマナーを教えられることもなかったのかもしれません。でも、年配の方にも時おり見かけられ、なんとも残念。

いくら洗浄便座の普及率が進んでいるとはいえ、やはり気持ちのいいものではありません。
マナー違反を見かけるとついつい心でつぶやいています。
「あのー、身体とくに下半身ちゃんと洗ってから入って下さいな。」
あーあ、実際にこれを浴場で言えたら…
そっかぁー、だから冒頭の歌が生まれたのね。
直接注意するには憚れる。でも、歌なら…言う方も言われる方も気まずくないもんね。

f0104590_1743331.jpg
すべての浴場の脱衣場でこの曲流すってのはどうでしょう?
そしてすべての温泉番組にお願い。
いくら撮影とはいえ、りポーターはいきなりザブンと入るのはやめて、できれば「身体をしっかり洗ってから入ります」とナレーションして欲しい。
こんな気持ちのいい温泉に気持ち良く入りたい、一燈庵からのお願いです。
[PR]
by ittouan | 2006-06-21 16:07 | つぶやき

探し物は何ですか?

f0104590_1426836.jpg
自分がちょっと考えていたり
不思議に思っていたりすることが
たとえば何気なく本やTVやブログを見た時に
目に飛び込んでくる…

あるいは、ふとある人のことを考えていたら
翌日電話がかかってきたり、本人と出会えたり…
こんなことありませんか?

ここ最近、そんなことがよくあるような。
探すでも求めるでもなく、ただ出会っていくという感覚。
自分ではそうとは気づかないうちにきっと
出会いたい~とか、知りたい~という光線が身体から出ていて、
それを誰かさんがこれまた知らずにキャッチしてくれるのでしょうか。

そうだとしたら、なーんてお得なんでしょ。
ポイントはたぶん、必死でないこと。
探すのをやめたとき、見つかることもよくある話で~♪
つまり、頭で探してない状態のとき。
なーんだ、必要なことはみんな準備されているのね!
そう思うと心が軽くなりませんか。

だからといって、何の努力もなしに生きることとは別ですよ!
これは、なーんも考えんでぐうたらしがちな自分への戒めです、はい。

あなたの探しものは何ですか?
[PR]
by ittouan | 2006-06-11 14:38 | つぶやき

失敗

人は失敗をくりかえす。

「私ってダメだな」と思ってしまうことは誰にでもあること。

けれどこれを 「私なんてダメな人間だ」 と考えてはいけない。



”って” と ”なんて”、この違いは大きい。

なんてを口にし始めると、人の心は迷い出す。

そのうち ”どうせ~” や ”いっそ~” なんて言葉がやってくる。


連日ニュースが伝える悲しい、あるいは凄惨な事件の数々。

心が迷い出て戻れなくなった人のなんと多いことか。

人の心は紙一重。


f0104590_7173613.jpg
「私また失敗しちゃった…」と素直に反省し

明日の自分を信じればよいのだと

言い聞かせる。
[PR]
by ittouan | 2006-06-06 07:25 | つぶやき