お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。


by ittouan

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日すてきな演奏会でちょこっとお手伝いをさせていただく機会がありました。
築300年の古民家ですばらしい庭園を見ながらの夜のハープコンサート。
私のお仕事は来場者の皆さんにお茶を淹れてさしあげること。
30~40名ほどのお客様たちはそれぞれ広いお屋敷の縁側に座って、お団子とお茶のセットをゆっくり召し上がり、コンサートの開始を待ちました。

f0104590_18344532.jpg


いよいよ、コンサート開始。
月明かりと竹灯篭の中、アイリッシュハープの調べが響き出し、
優しく郷愁を帯びたその音色が心に染みます。
そして演奏者が独特のユーモアいっぱいの口調でお話を始められると、会場は笑いのうちになごやかな空気に包まれ、そしていつしか大切なメセージが届けられて、胸がいっぱいに。あちこちで目頭を押さえる姿が見られました。

演奏者は永山友美子さん、各地でオペレッタとハープを通して音楽のすばらしさを伝えておられる素敵な方でした。
永山さんは長いことボランティアで病院や児童相談所などでミニコンサートを続けたり、各地の幼稚園、小・中・高校や少年院、養護施設、高齢者施設、刑務所などで音楽活動をされているそうです。その活動の中でたくさんの人たちが音楽の力によって優しい感情を取り戻したり、慰めらてきたのです。

出会った人たちとの交流や垣間見たさまざまな人生の片鱗、永山さんはそれらを静かに短い言葉で語り、私たちに気づきを促してくれました。
どんな人も、どんな子供も皆、愛し愛されるために生まれてくる。
そしてそれは決して特別なことを通してではなく、日常の小さな言葉と思いやり、微笑み、そういう人と人の心のふれあいによって育まれるということ。
何より、家族のあり方が大事なのだということ。

美しい日本庭園でアイルランド民謡や懐かしい日本の童謡、馴染のポップスなどの調べに乗せて大切なことが胸に響き、私はその夜いつまでもその余韻を抱きしめていました。
[PR]
by ittouan | 2006-10-29 13:02 | 読んで聴いて観ちゃお

コスモス日和

f0104590_17352978.jpg

     みんなと過ごす時間は楽しくて、おしゃべり大好き。
     にぎやかな中に身をおいて、ぬくもりと元気をもらう。



f0104590_17375459.jpg

         でも、自分だけに向き合う一人の時間はもっと好き。
         孤独を理解してはじめて見えてくるものもある。



f0104590_17325152.jpg

         そして振り返るといつでも寄り添ってくれる人がいるありがたさ。
         一人と一人が、今日も共に歩んでいく。。。







  写真系ブログに転向したわけではありませんが、^^先日お花畑で撮った残りを
  季節はずれになりそうなのであせってアップです。
  急に寒くなりました。そろそろコスモスも見納めですね。
  皆様体調など崩されませんよう。
  
  
[PR]
by ittouan | 2006-10-25 22:48 | ポチリ

10月のひまわり

f0104590_12402829.jpg

     内側は驚くほどに瑞々しくて繊細なんだね。




f0104590_12405395.jpg

     根っこにあるのは他のものへの優しいまなざし。




f0104590_1363976.jpg

     柔らかく開くために、固く守るものもあって。

 
    

f0104590_12425051.jpg

     そうして人の心を照らす、満面の笑み。




f0104590_12492487.jpg

     そんなあなたを、きっとどこかで、誰かが見つめているよ。
[PR]
by ittouan | 2006-10-24 13:22 | ポチリ

言葉の重み

何気ない人の言葉に心グサッと傷つくことはおそらく誰にでも経験あること。

人の悪意はなるべく受けとらないようにしている私。
というか、人の言葉はなるべく悪意にとらないようにしています。
そんな能天気な私でも、やはりごくたまに傷つくことはある。
それが心許した人であったり、身近な人からの誤解であったならなおのこと。

はじめは怒り。何でこんなこと言われなくちゃいけないのー??
でもそれはすぐに納まって、あとはただ痛み。
憎いでもなく、悲しいともちょっと違う。
ただ心がしくしく痛いだけ。
放たれた言葉が、思いが、ナイフのように突き刺さって痛いだけ。
一対一でも痛いのに、それが多数からならどんなに痛いだろう。。。
大人の私が、じっとうずくまるようにして時間をかけて癒す痛みを
子供が数ヶ月、ときには数年にかけて味わっていたとしたら。。。

たぶん誰かの何気ない言葉から始まった”いじめ”といわれる行為、現象。
それは時に、生き物みたいに自分の手を離れて巨大に育ってしまうこともある。
原因を、そしてその責任を問うことは確かに必要。
でもそれを単なる糾弾・裁判に終わらせてはいけないと思う。

悲しい事件の報道を聞くたびに、報道のあり方と世論の傾向に心よぎる一抹の違和感。
まだ上手く話せない。
いつかきちんと整理できたらあらためて書きたいと思います。
だけど、ひとつだけわかっていることがある。

私は、ほんとに気をつけなければ。
私自身も、きっと誰かの心を思いがけなく痛めているかもしれないから。
言葉は使い方で暴力にもなり、時に誰かを死に追いやることさえあるのだから。
なにより、言葉を使う自分のホントの気持ちを見つめていなくては、と思います。
[PR]
by ittouan | 2006-10-16 21:04 | つぶやき
f0104590_173040.jpg


アイルランドの5人のソロアーティストのユニットケルティック・ウーマン。(この公式HPでCDの視聴もできます。)
アイルランドの伝統音楽をはじめクラシックからポップスまでをカバーし、全米ワールドミュージック・チャートで71週も1位を獲得した大人気のユニットです。
数ヶ月前に夫が買ってきたこのCDを聴いてぞっこんになった私たち夫婦。
昨夜はそのケルティック・ウーマンの初来日コンサートでした。
夫と友人2人と一緒に行って来ました~。
今回夫が入手してくれた席は、なんと前から2列目と4列目。
ステージはほんとに目の前です!

この感動をなんとお伝えしたらよいのでしょう。
あの声、あの歌唱力。
言葉足らずで書くのをやめようかと思ったくらいです。
強いて言うなら、えーっと、、、何度も魂が昇天してしまいました。。。

舞台演出も歌のイメージにピッタリの美しいものでした。
清らかな声で歌いあげる彼女たちはヴィーナス、舞台中踊り跳ねながら奏でるバイオリニストはさながら妖精そのもの。
そしてただ美しいだけではない、ケルトミュージックの哀愁と躍動感も身体に響きます。

悲しい人、イライラしている人
怒っている人、面白くない人、
愛を知っている人、戦争を考えている人、
疲れている人、喜んでいる人
すべての人の心に届けたい。。。
生きていることの喜びと世界の美しさを思い出すことができるから。
…そんな歌声でした。

福岡が初日だった今回のツアー。
これから関西や東京をまわるようです。
もし、ご縁があったらぜひお出かけください。
すばらしい体験があなたを待っています。
[PR]
by ittouan | 2006-10-11 17:16 | 読んで聴いて観ちゃお

名月銘茶と夜神楽の夕べ

f0104590_12505175.jpg



中秋の名月の夜、嬉野で行われたお月見茶会へ行ってきました。
会場のコミュニティーセンターは小高い丘の上の公園、灯篭に導かれて歩きます。


f0104590_12574588.jpg


会場には蒸し茶、釜炒り茶、お抹茶、紅茶など6~7箇所のブースがあり、各生産者や学生ボランティアが次々にいろんなお茶をいれてくださいます。


f0104590_12361259.jpg


お庭ではジャズっぽい音楽にのせた夜神楽が演じられています。
まんまるのお月さまの下、お年寄りから子供まで総勢200人を超す人が集い楽しんだ
すばらしい茶会でした。

f0104590_12431317.jpg


たっくさんのお茶をいただいた後は茶粥のコーナーで腹ごしらえ。
『鍋島茶かゆ』と紫芋のおはぎ。

あー、日本人に生まれてよかった。。。
目で、耳で、舌で、そして身体で、名月の夜を堪能しました。
えっ?肝心の月がないって?
スミマセン、撮ってませんでした。
名月は、あなたの心で観て下さいね。^^
[PR]
by ittouan | 2006-10-10 13:00 | お茶

実りの時

f0104590_19121537.jpg
    ハーベストタイム     

かぜにふかれて いなほがゆれて
山のかなたに 夕日が落ちる

黄金いろの波に かげをうつして
ならんでかえる 細いあぜみち

みのるいのち みちるこころ
今年もまた めぐりあえた
広いそらと ゆたかな大地
今このときを ありがとう

いちばん星が ほら もうかがやいて
明日もきれいな 秋の日がくる


  

             鈴木重子  アルバム マイ・ベスト・フレンドより



年に2度、私の家のまわりは実りの色に染まります。
春は麦、秋は稲。
いのちを育むものたちの生命のきらめきは本当に美しく、
自分の田畑ではありませんが
見ているだけで幸せな気持ちになります。
もちろん食べると、もっと幸せになります。^^

あったかいご飯が。。。美味しい季節です。
卵かけごはん、納豆、辛子明太子、何で食べましょう。
皆さんのご飯のお供は何ですか?
[PR]
by ittouan | 2006-10-06 09:52 | 自然の恵み

飲む時とは?

    『飲 時 』
    
心身ともに余裕のあるとき

読書作詞に飽きたとき

気分がいらいらしているとき

歌や音楽を鑑賞するとき

歌や音楽が終わったとき

門を閉じ世間を避けているとき

琴を弾いたり絵を見るとき

夜もふけてともに語るとき

明るい窓辺のきれいな机に向かうとき

奥座敷や見晴らしのよい楼閣にいるとき

客と主人が団欒しているとき

よい客やかわいい女性といるとき

友を訪ねて帰ってきたとき

風がおだやかで天気のよいとき

うすぐもりでこぬか雨がふるとき

小さな橋のたもとに舟を停めているとき

こんもりとした林、すらっとした竹薮を眺めているとき

花を手入れし小鳥の世話をしているとき

蓮池の亭で涼んでいるとき

中庭で香を焚いているとき

宴会が終わって客が帰った後

子供たちの勉強部屋を覗いてみたとき

静かな寺院を訪ね有名な泉や奇岩のそばにいるとき

                           許次紓(きょじじょ)

 

明の時代に書かれた『茶疏』という本の中にある詩文だそうで、お茶はどんな時に飲むにふさわしいかを詠ったもの。お酒でもよさそうだけどー。^^
文人趣味というのでしょうか、なんとも風流です。
そしてお茶が生活に生きていたことが伺えます。


f0104590_1363412.jpg


週末は夫に来客でした。
色んな種類のお茶とたっくさんの量のお酒とそこそこの手料理でおもてなし~。
写真は『客と主人が団欒しているとき』。
アツアツのさつまいもと餡が絶妙の九州名物『いきなり饅頭』と夫の手づくり紅茶。
客人の『この紅茶、うまいですねー!』に夫もまんざらでもなさそう。楽しい2日間でした。
[PR]
by ittouan | 2006-10-03 00:50 | お茶