お茶飲みしましょ!まずは一息。更新もまったりです。


by ittouan

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

渋皮煮


また腰が痛くなるからと、気になりながらも庭の手入れが出来ない私。

でも、、、。

f0104590_1710742.jpg



山で栗ひろいは出来るんだなあ。。。


f0104590_17112261.jpg





ふだんは寝坊で出勤前にあらかじめ夕食の支度なんてとても出来ない私。

でも、、、。

f0104590_1715235.jpg



早起きまでして、出勤前にこんなもの作っちゃたんだなあ。。。


この秋は2度も栗拾いをしました。
1回目は栗ご飯に。
そして、これははじめて作った渋皮煮です。
砂糖を控えすぎて、お味はちょっと薄めです。^^

子供の頃は秋になると栗ご飯が楽しみでした。
母と祖母が夜に栗をむいていた姿を思い出しながら、
私も鬼皮と格闘しました。
不思議なものです。
若い頃は面倒で考えもしませんでしたが、
年を経るごとに、手をかけてでもこういう季節の風味を
味わいたくなるのですね。

雨の休日。
とっておき?の渋皮煮をおやつに。
さあお茶をいれて、ほっこりしましょ。

f0104590_17343849.jpg

[PR]
by ittouan | 2008-09-30 09:00 | 自然の恵み

ライブハウスにて

f0104590_2353391.jpg



もうすぐここに大好きな人が座る。

私のほんの目と鼻の先。


のびやかに、いのちの喜びを。

限りなくやさしく、生きる孤独を。

ふりしぼるように、愛と祈りを。

彼女は歌うだろう。

夢のような心地よさの中で。



開演までの、甘美な時間。

ハーフ&ハーフビールを飲みながら、、、、待つ。

贅沢な、大人の夜。


                        9月22日、ビルボード福岡にて
                        鈴木重子&ウォン・ウィン・ツァン ライブ
[PR]
by ittouan | 2008-09-24 00:10 | 読んで聴いて観ちゃお

自分への手紙

アンジェラアキさんの『手紙~拝啓十五の君へ』という曲が話題になっているようですが、
ご存知ですか?
曲は1番が15歳の少年から未来の自分への手紙で、
2番が大人になった自分からの返信という構成になっています。

みんなのうたで始めて聴いたときから、心に響きました。
この曲のモチーフは今年30歳になったアンジェラさんの元へお母様から届けられた
1通の手紙だったそうです。
それはかつて15歳のアンジェラさん自身が未来の自分へ宛てて書いたものだったんですね。

思春期の、誰にも打ち明けられないこわれそうな胸のうちを
未来の自分にむけてしたためたアンジェラさんの感性と
それを15年間保存してそっと本人に届けてくれたお母様の思い。
お二人とも、人生を大切に生きていらっしゃると感じます。


過去の自分といまの自分、そして未来の自分。
それが時々交差するような感覚を覚えることがあります。

このブログを再開するちょっと前、実はちょっと落ち込んでいたんです。
ふと長いこと放置していたパソコンを開いて皆さんのところへそっと
おじゃましてホッコリさせてもらい、そして自分の過去ログを読み返しました。

すると。。。
元気な自分、しあわせな自分、感動してる自分、悩んでいる自分。
いろんな自分がたくさんのことを語りかけてくれました。
自分自身忘れていた記憶や感動が蘇り、
なにか幸せな気持ちと元気をもらいました。
まるでナルちゃんなんですが、、、。笑

胸がこわれそうな思いを抱いたり、自信を失ってしまいそうな時は、
大なり小なり大人になってもあることです。
そんな時は、アンジェラさんのように、未来の自分へ
そっと手紙を書いてみるのもいいですね。
もしくは私のように、過去の日記(ブログ)を開いてみるのはどうでしょう。

過去や未来の自分こそがいまの自分にとっての最上の友になったり、
時には師にさえなりうるような気がします。
そして同時に過去の自分を癒すことができるのも
いまの自分自身なのかもしれません。

この曲を聴きながら、いろんなことを考えます。
歌詞はこちらから。
[PR]
by ittouan | 2008-09-19 11:32 | つぶやき

ストレンジャー

今朝。ボウボウに伸び放題の庭の草取りをしなければと思っていたところへ
見知らぬ来訪者が。
そうっと、、、窓越しにズーム撮影。


f0104590_2155235.jpg

   どこから来たの? 風が、気持ちいいのかな?



f0104590_2155545.jpg

   ありゃりゃ。。。しばらくそっとしておこう。



f0104590_2201236.jpg

   ふふっ、無防備な君から目が離せないなあ。



f0104590_2241334.jpg

   あっ! 起き、、、てない、、か。



f0104590_2251344.jpg

   また~。^^
   今日はね、台風だってよ。雨にあわないうちにそろそろお帰りよ。



f0104590_22111668.jpg

   あっ。いない。。。
   そうっか~帰っちゃったんだぁ。。。


   ノラ君、よかったらまた遊びにおいでよ! 



   
[PR]
by ittouan | 2008-09-18 22:25 | 日々のあれこれ
この夏の仕事は大変だった。
6.7.8月は過密スケジュールの上色々問題もあって、
体力的にも精神的にもけっこう参ってしまった。
疲れを吹き飛ばすべく旅行にも出かけたが、
数日前仕事に復帰した途端今度はギックリ腰をやってしまい…
『夏の疲れがいま出てるんだよ。しばらく安静にね。』との整体の先生の
アドバイスに従ってしばし休養の日々。
そうだ、この際前から行きたかったあのホテルへ静養に行こうと思い立った。
ひなびた温泉街のはずれにある山あいの宿、奥湯元あじさいホテル。
通称プリズンホテルへ。


この宿はね、ちょっと、いやかなり変わってるんです。
まず館内のご案内に注意書きがありまして、、、
『情報収集には万全の配慮を致しておりますが、不慮のガサイレ、
突然のカチコミの際には、冷静に当館係員の支持に従って下さい。』
とか
『館内ロビー・廊下での仁義の交換はご遠慮下さい』なんてね。

どんな殺伐とした心も慰め、荒れすさんだ胸をも洗い清めてくれる極楽の湯に浸かり、
日本一の板長と未来のグランシェフが作る”食べたとたんに笑いがこみ上げてくる料理”を
堪能した後は、カラオケバー『しがらみ』で一杯やりましょうか。

でも何よりね、ここで働く人たちと客たちがいいんです!
ヤクザの親分であるオーナーに、指の足りない男気の番頭とか、
左遷された誇り高きホテルマン、陽気なタガログ語の仲居。
忘れちゃならない、偏屈でどうしようもない小説家とそれをとりまく人たち。
みんな可笑しくって、一生懸命で、ちょっと、いやかなり切ない。
そしてたまたま訪れた客たちの少々こんがらがった人生の糸を、
このホテルは不思議な力でそっとほどいてくれるのです。

訪れたなら必ずや笑って泣けます。
そしてホテルを後にする時、少し心があたたかく晴れやかになっていることでしょう。
もしまだなら、あなたもこの秋出かけてみませんか?
プリズンホテル、おすすめですよ。


f0104590_12425975.jpg

[PR]
by ittouan | 2008-09-14 12:54 | 読んで聴いて観ちゃお

神経質でいこう!

はあーっ。。。
最近つくづく我が身が情けない。
この1年でまた、、、、太ってしまいましたの。

子供の頃はやせっぽちで、健康診断はいつも痩せ過ぎに〇印してあった。
学生時代は多少太ったけど、また自然に痩せて
他人から『細いわねー』と言われ続けていたのに。

ここ数年、あらら?って感じで増えていって
今では、、、ほとんどの人が私より痩せている~っ。^^
立派な中年太りというわけです。
こうなると、服を買おうにも楽しくないのね。
何着ても似合わないんだもの。涙

服のサイズといえば、婦人服を販売している知人が言ってました。
「同じ婦人服でも、Sサイズの販売が一番大変なの。」
どうして?と尋ねると
「神経質な方が多いのよ。mm単位で色々言われるわ。」
へーっ、そうなんだ~。
「その点、大きいサイズのコーナーは楽よ。
皆さん、とってもおおらか。
多少のことは『よか、よか!』ってパッパッと買ってくださるもの。」

体系で性格に違いが出るんですかね。
ならば…
よしっ、決めた。
神経質になってやる~!!


明朝から友人たちと長崎の島へ1泊旅行です。
海水浴には遅い季節ですが、目的は島の美味しい魚介や牛肉。
料理が評判のホテルだそうです。
こんな罪作りな企画したのは、、、、他でもない自分。

でも、せっかくの旅行だし~
ダイエットはとりあえず帰ってからでいいか?

んじゃ、神経質に行ってまいりま~す。^^
[PR]
by ittouan | 2008-09-03 01:12 | 日々のあれこれ